マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > 半熟卵の作り方

半熟卵の作り方

2004.10.06 | マーケティングブログ

    美味いラーメン屋は味付け玉子も美味い。近所のラーメン屋も味付け玉子が美味いので、たまに足を運ぶ。なぜ、美味いかってそれは卵が半熟だから。ラーメンの汁と混じるか混じらないかの絶妙なゆで加減がたまらないのだ。味付け玉子で100円アップというのも納得できる。(のりが100円アップというのは納得いかないが…。マクドナルドのジュースやポテトと同じで、高粗利の上手な販売方法だとは思います。)
    喜多方のラーメンをお土産でもらったので、実際に半熟の味付け玉子を作ってみた。今まで、半熟卵など意識して作ったことがなかったので、ここでいろいろ試した結果のレシピを紹介しようと思う。
    【半熟卵の作り方(味付け玉子)】
    (1) 鍋に玉子全体がつかる程度の水を入れ、沸騰させる。卵はまだ入れない。
    (2) お湯が沸騰したら一度火を止め、卵を静かに入れる。殻が割れないようにオタマなどでゆっくり入れると良い。
    (3) 卵を入れたら再度火をつけ、中火にして7分待つ。
    (4) 7分たったら、火を止め1分待つ。
    (5) 1分たったら、卵を取り出し水に3分つける。
    (6) 3分たったら、殻をむいて半熟卵の完成。
    (7) 続いて、半熟卵を味付け玉子にする。しょうゆ・酒・みりん(お好みでにんにくスライス)でつゆを作り、そこに半熟卵を入れる。大きめの器を使うか、ビニールなどで密封しても良い。
    (8) 冷蔵庫で1晩寝かせれば、味付け玉子(半熟)の完成。
    ゆで時間などいろいろ変えてみたが、この時間が一番良い結果だった。味付け玉子を作れば、家のラーメンもなかなか美味くなる。少々手間はかかるがぜひ試して欲しい。しかし、味付け玉子を使った美味いラーメンができても、決して脱サラしないようにご注意。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます