マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > お客さんとのファーストコンタクトでの対応

お客さんとのファーストコンタクトでの対応

2016.02.22 | マーケティングブログ

    ホームページ制作の追込みが続いてます。

    次も次もという感じで止まる気がしません。

    目が回る忙しさといいますが、実際クラクラします、、、それなのに目は冴えていて寝れなったりします。

    インプットもアウトプットも多いから脳がちょっとオーバーヒート気味なのかな?

    これはちょっと考えないといけませんね、、、

     

    さて先日、やりたいサービスを申し込もうとしてある会社に電話しました。

    3コール目で出ました。

    相手はおばちゃん。

    いかにもダルそうな感じ。こなしてる感がありありと見えます。

    一通りサービスについてやりたいことを説明すると、担当につなぐからと言ってさらにいろいろ聞かれました。

    そして担当へつなぐための保留音が聞こえる。

    すると、担当者が電話に出れないということで折り返しということに。

    その場は電話番号を伝えて電話を切りました。

    1時間後、折り返し電話がかかってきました。担当者です。

    そして、、、同じことをイチからもう一回説明する、、、

    「おばちゃんとの会話はなんだったの?」

     

    あなたにもこういったことがありませんか?

    電話口の相手に要件を聞いたなら、それを担当者に伝えてから電話させろよ!って思いませんか?

    でもそこはおばちゃんの気分次第。伝えるときもあればそうでないときもある。

    まあ、この会社の場合ライバルがないというかなんというか、そういった会社だからなのかもしれない。

    でもライバルがいたとしたら、気づかない間にマーケットを奪われているだろうと思います。完全にゆでガエル状態ですね。

     

    ここで言いたいことはお客さんとのファーストコンタクトの重要性。

    お客さんとのファーストコンタクトで後々の結果が決まるということを理解してますか?ってことです。

    それは電話だけじゃなくて、チラシもレターもネットもそう。全てです。

     

    特に電話の場合はお客さんもわざわざ労力かけて電話してるんだから本気で取引を考えてる場合が多い。

    そんな取引につながるような貴重な電話なのに受ける側も本気で対応しなきゃいけません。

    そう考えると、新規客のお問い合わせ電話にはエース級の人を置いておく必要がありますね。

     

    ホームページも同じですね。

    他のサイトの商品ページをコピペして、コンテンツを作るようじゃダメですよね。

    お客さんとのファーストコンタクトなんですから、電話の対応と同じようにエース級のコンテンツじゃないといけません。

     

    あなたはどうでしょうか?

    いつもの仕事の忙しさを理由にお客さんが離れていくような対応になっていませんか?

    お客とのファーストコンタクトではエース級の対応が必要ですよ。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます