マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > ブログのタイトルを魅力的にする4つの方法

ブログのタイトルを魅力的にする4つの方法

2016.04.05 | マーケティングブログ

    ネットで検索してると

    「おぉ、いいこと言ってるね~」

    っていうような記事に出くわします。

    ただよく見てみると

    「ブログのタイトルがアッサリしてるなぁ~」

    とか

    「タイトルでなんかオシャレっぽく見せたいんだろうなぁ~」

    っていう場合があります。

     

    ブログのタイトルはチラシで言えばヘッドラインです。

    タイトルは検索すればリンクとしてに表示されるし(基本的には)、ブログ内の記事一覧でも目立つ要素の一つです。

    ブログ内記事一覧の場合、最近はサムネイル画像使ってることが多いからそっちのほうが大事ですが。

    いずれにしてもタイトルが超重要ってことには変わりありません。

     

    ここでちょっとあなたに考えてほしいのがブログのタイトル。

    ブログのタイトルの目的って何でしょうか?

    それは、、、

    クリックして本文を読んでもらうこと。

    つまり本文に読み進んでもらうことです。

    ヘッドラインと同じです。

    ヘッドラインの目的も買わせることじゃなくて次のセンテンスを読んでもらうこと。

    そのためにはお客がクリックしたくなるタイトルを付ける必要がありますよね。

    これはブログのタイトルだけじゃなくていろんなことに言えます。

    例えばメルマガのタイトルとか。

    そこで、クリックしたくなるタイトルのヒントをいくつかご紹介します。

     

    ●ベネフィット

    ベネフィットとは「便益」つまり得のこと。ユーザーの得を書く方法です。

    「○○するだけでこんなに儲かった実例」とか「○○で失敗しない7つの方法」とかです。

    得っていうのは裏を返すと損しないってことと一緒だから、得か損しない(失敗を避ける)ことを書いてください。

     

    ●ニュース

    「新商品発表!」とか「○○がついに出ました」など。

    人は新しい情報が気になるようにできています。なのでそれをタイトルにします。

    (厳密にいうと違いを敏感に感じ取るようになっています)

     

    ●問いかけ

    「こんな間違いしていませんか?」とか「○○してみませんか?」など。

    脳は質問を投げかけると答えを自動的に探すようにできています。

    質問を投げかければ答えを知るために続きを読みたくなりますよ。

     

    ●興味を惹く

    例えば、タイトルで「転職したいあなたへ」とか「実は本当のスパイは銀行でした」などと言われると「何のこと?」と気になって読みたくなります。

    但しやりすぎは禁物です。

     

    普段書いてるブログで、本文は気にしてるけどタイトルは何となく付けてることも多いのでは?

    最近のブログなら本文を読んでもらうのに一番重要なのは「サムネイル画像」。

    次に「タイトル」。

    2つともブログのクリック率に大きく影響してくるから一手間かけて考えた方がいいです。

    あなたがタイトルに困った時のヒントにしてください。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます