マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > 続:女子バレーボールオリンピック予選辛勝

続:女子バレーボールオリンピック予選辛勝

2016.05.21 | マーケティングブログ

    昨日バレーボールのチャレンジ制度について書いたけど、もう一つ気づきになったことがありました。

    今回の女子バレーボールの場合、前回のロンドンオリンピック経験者以外のメンバーも入ってきてます。若手です。

    ロンドンで銅メダルを獲得したときはチームとして完成度の高い状態になってました。

     

    ロンドン以外の世界大会でもメダルを取ったり、強豪チームに勝ってたりしてました。

    それがロンドンが終わってから成績が振るわなくなってます。なぜでしょうか?

    一番の原因はセッターの竹下選手がいなくなったことかな?(勝手な予想)と思ってます。

    竹下選手はロンドン後に引退しました。

    精神的な支柱であったこともあるけど技術がすごかったと思ってます。

    世界大会でベストセッターを獲得するだけのことはある。

    では今はどうか?

     

    宮下選手の混戦時のセッターのトス回しが気になります。バタバタしてる中で早いトスを上げようとするからアタッカーが打ちきれない。なのでブロックにつかまる。

    そんなシーンが目立ちました。(といっても15分しか見てない)

     

    まぁ日本代表になるくらいのセッターだから僕がどうこういうつもりはないんだけど、、、彼女若いし伸び代がありますしね。

    でもいつからこんな見方をするようになったのか?

    明らかに竹下選手が辞めてから。

    あぁ、竹下選手だったらこうだったとか、ここでサーブミスはしなかったとか、、、

    つまり比較してるから分かるようになりました。

     

    当たり前だったものがそうじゃなくなると目に付く。

    良いものを見るとそうじゃないものが目に付く。

    全て比較対象があるから分かること。

    あなたの商品・サービスはどうでしょうか?

    お客に良さが伝わらない時は比較対象を出してみるといいかもしれませんね。

    それにはその商品・サービスをよく知ってなきゃいけません。良いものもそうでないものも。

    いろんな商品・サービスを見て使ってみると今までにない気づきがあるかもしれませんね。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます