マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > プランと実践

プランと実践

2016.09.13 | マーケティングブログ

    「後手に回ってるな」

    と感じることってありませんか?

    例えばある程度予測してたのにそれが先に起こってしまった時とかですね。

    後手に回ってると感じるということはそうなるんじゃないかな?とどこかで感じてたということですね。

    感じてないということは予測できない単なるハプニングです。

    予測できてたのに対応できてなかった。

    だからモヤモヤ感だけが残ってしまう。

    あのときこうしとけばなぁという感じです。

    自分もそういうときがあります。

    でもそう思っても起きてしまったことは仕方がない。

    起きてしまったことに対応し、今後そういったことが起こらないようにするしかありません。

    では、そういったことが起こらないようにするにはどうすればいいか?

     

    それは予測するしかありません。

    先々の状況をイメージして予測する。

    そしてその予測をプランに落としていくんです。

    予測はできたけどプランに落としてない。

    だから後手に感じる。

    そしてプランに落としてないから実践ができない。

    だから結局何もやってないのと同じ状態になってしまいます。

    じゃあ、何はともあれ動けばいいんでしょ?と思うかもしれませんがそうではありません。

     

    プランのない実践は見直すことができないんです。

    突発的だったり対処療法的だったりする動きになるので根本的な部分に気づかなくなります。

    なぜそうしたかというプランがないから振り返ることができないんです。

    例えばAということをやって失敗した。

    じゃあBをやろう、という考えになります。

    Aをやったのも突発的にそう思ったからやったわけなので、なぜAが上手くいかなかったかの振り返りができないんです。

    プランがあれば「こういったことを予測してAをやった。でも、上手くいかなかった。じゃあ最初の予測をこう改善すればいいんじゃないか?」という動きができます。

    突発的な動きでもギャンブルみたいに当たりがでることもあるので何もやらないよりはマシですが、事前のプランがあれば当たりの確率を上げることができます。

    何もやらない < ただ実践する < プランを持って実践する

    といった感じです。

     

    もし「こうなると思ってたんだよなぁ」ということが起こってしまったら、一度プランに落とし込めてるか考えたほうがいいかもしれません。

    まぁ何とかなるだろ、といった希望的予測だと大きな問題になるかもしれませんよ。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます