マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > 暗い穴の底から聞こえてくるような、、、

暗い穴の底から聞こえてくるような、、、

2017.01.29 | マーケティングブログ

    先日ネットショップで買い物したときのこと。

    ウチの駐車場には3台の自転車が置いてあります。

    息子が昔乗っていた自転車は7ヶ月間動いてなくて、ウチの女房の自転車は3ヶ月間動いていません。

    3台中2台が動かない。

    息子の自転車は後ろのタイヤの空気の漏れが止まらない。

    4回、パンクのチェックをしたけどパンクが見つからないんです。

     

    パンクが見つからないからチューブをタイヤに戻して空気を入れると2時間くらいで空気が漏れてる。

    それの繰り返しで乗らなくなりました。

    女房の自転車には6段式のギアが付いてます。

    そのギアとシフトレバーをつないでるケーブルのカバーが裂けてギアが変更できなくなってしまいました。

    一番重いギアのままギアが変わらないので、急な坂でも重いまま。

    どんなに近いスーパーでも女房は車で買い物に行くことになりました。

    こんなウチの自転車事情を改善すべく自転車を直そうと決心したわけです。

     

    息子の自転車はパンク修理するんではなくてタイヤのチューブを交換する。

    女房のはギアのケーブルとカバーを交換する。

    そのためには自転車修理用のアイテムが必要。

    そこでネット通販で自転車のパーツを探すことにしました。

     

    最初、アマゾンで見ましたがアマゾンは一般的な商品以外は送料がかかることが多いんですね。

    本とか家電とか文房具とかそういった商品以外は送料がかかる。

    いろいろ調べてみるとどうやらヨドバシカメラがいいみたい。

    アマゾンよりも価格は1割くらい高いことが多いですが、送料がかからない。

    しかも翌日に届く。

     

    今、ヨドバシカメラは会員を増やそうとしてオファーを強くしてる可能性があります。

    価格は安くて翌日届く。

    アマゾンがプライムを始める前に利用者を増やすためにやってた方法と同じですね。

    今のヨドバシカメラはいいですよ。

    そこそこいろんな商品がそろっています。

    自転車のパーツも取り扱っています。

     

    そして、自転車のパーツを購入。

    すると、、、なぜか翌日に商品が届かない。

    1回目の購入の翌日、2回目の購入をしたけどそっちの商品が先に届くという始末。

    何が起きているんだ?

     

    それは2回目の商品が届いた時に分かりました。

    郵便局の配達員が「住所が前のままになってるから変更したほうがいいですよ」って教えてくれて分かりました。

    どうやら昔に会員登録したみたいで住所が前のままだったみたいです。

    それくらいヨドバシは使ってませんでした。

     

    そこで会員ページから配達状況を確認してみると不在で持ち帰ってることになっています。

    すぐに郵便局に電話してみます。

    受付の人が出ます。

    50~60代くらいのおばちゃんが対応します。

    ひととおりの状況を伝えてすぐに持ってきてもらえることになりました。

     

    でもおばちゃんに何か違和感があるんです。

    話してることがトンチンカンなわけじゃないんです。

    受け答えも問題なくできています。

    でも「暗い」んです。

     

    電話受付の人って声のトーンが高くて明るいイメージがあるじゃないですか?

    それが無くて声のトーンが低くて、、、

    暗い穴の底から聞こえてくるような、、、

    そこに違和感があったわけです。

     

    電話の第一声から暗いイメージだったので終始その違和感を持ったまま話していました。

    第一印象が悪いから最後までそれを引きずっていく。

    よくあることですよね。

    それくらい第一印象って重要なんです。

    これはホームページでも同じことです。

     

    ではホームページの第一印象って何だと思いますか?

    それは「第一画面」と言われるものです。

    ファーストページビューとも呼ばれます。

    ホームページを開いてパソコンやスマホでスクロール無しで最初に表示される部分です。

    この画面が第一印象になります。

     

    なのでこの第一画面でお客さんに良い印象を与えなければいけません。

    もしこの第一画面で良い印象を与えられなかったら、郵便局のおばちゃんと同じように変な違和感を感じさせてしまいます。

    郵便局と違ってホームページの場合はすぐに出ていくことができるので、二度とあなたのホームページに戻ってくることはないでしょう。

    あなたのホームページの第一画面。

    一度どんな印象を与えているか考えてみるといいかもしれません。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます