マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > どのメニューボタンが一番クリックされるでしょうか?

どのメニューボタンが一番クリックされるでしょうか?

2017.02.25 | マーケティングブログ

    近所のマクドナルドがリニューアルオープンするみたいで、割引クーポンが入っていました。

    昔は家族皆でマクドナルドにハンバーガーを食べにいったりしましたね。

    わざわざ休日に朝食メニューを食べにいったり、わざわざ車の中で食べてみたり。

    なぜあの頃はそんなにマックのハンバーガーを食べていたのか分かりませんが、あるときからめっきり行かなくなりました。

    マックカフェとか言ってスタバを意識したようなことをやり始めてからだと思います。

    それ以来行かなくなりました。

    でもたまにはハンバーガーを食べたくなりますね。

     

    そんなハンバーガーですが、あなたの身近にも別のハンバーガーがあります。

    どこにあるかというとスマホの中。

    厳密に言うとスマホサイトの中ということになります。

    スマホサイトの中にハンバーガーがあるのをご存知ですか?

     

    大体スマホサイトの右上あたりにあります。

    「≡」←こんな感じの三本線のヤツです。

    このページをスマホで見てる場合は、右上のほうに「≡」こんなのがあると思います。

    これが「ハンバーガーメニュー」と呼ばれてるメニューボタンです。

     

    三本の線がパンとハンバーグに見えるんでしょうね。

    それでハンバーガーメニューです。

    実はこのハンバーガーメニュー、メニューだと分かる人が少ないみたいなんです。

    結構いろんなサイトで使われているんですがね。

    メニューだと分かりづらい。

    そこである実験をした人がいるんです。

    どんな実験かというと、、、

     

    スマホサイトのメニューボタンでメニューだと認知されやすいのはどんなボタンかという実験です。

    スマホサイトにいろんな種類のメニューボタンを用意してどのボタンがクリック率が高いかを計測するというものです。スプリットテストですね。認識されればクリック率も高くなりますからね。

    用意したメニューの種類は

     

    (1)三本線だけのもの

    (2)三本線だけを枠で囲んだもの

    (3)三本線とその横にメニューと書いたもの

    (4)三本線とその横にメニューと書いて枠で囲んだもの

    (5)メニューというテキストだけのもの

    (6)メニューというテキストを枠で囲んだもの

     

    です。

    さてどのメニューが一番クリック率が高かったでしょうか?

    正解は、、、

     

    (4)でした。

    三本線とその横にメニューと書いて枠で囲んだものです。

    三本線だけだと認知されづらいこともあるみたいで、メニューという表記があるボタンのほうがクリック率が高かったです。

    枠があるとボタンと認識されやすいようで枠があったほうが良いみたいです。

    で、それらを全部入れたメニューのクリック率が一番高かったと。

    全部入りの勝利です。

     

    ちょっとしたことですが、スマホの場合サイトのいろんな記事を見てもらうにはメニューを見てもらう必要があります。

    そのメニューを展開するためのボタンがハンバーガーです。

    そのハンバーガーのクリック率を上げることで、サイト内のいろんなページを見てもらえるチャンスがやってきます。

    もしスマホサイトでお客さんが分かりづらいメニューになっているとしたら改善してみてください。

    メニューのデザインを変えるという1時間でできちゃうような改善で効果絶大かもしれませんよ。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます