マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > アクセスアップのための5つの方法 その1

アクセスアップのための5つの方法 その1

2017.03.28 | マーケティングブログ

    「アクセスアップって言うけど結局何をすればいいの?」

    ホームページを運営しているあなたなら一度は悩んだことがあるんじゃないでしょうか?

    今のネットではやれることがありすぎて何をすればいいのか分からないというのも分かります。森の中に迷いこんでどっちに行けばいいか分からないような状態です。

    そんな時はまずその森の全体の地図を書いてみましょう。

    アクセスアップの場合だと、アクセスアップに効果がある方法に何があるかを洗い出してみることです。

    効果のある方法を全て書き出してみることで、それぞれの方法で次に何をすればいいかが見えてきます。

    なので、ここでアクセスアップに効果がある方法を書き出してみました。

    チラシとか看板とか、ネットのメディア以外を入れると話が多岐に渡るので今回はネットのメディアだけに絞り込んでいます。

     

    SEO

    ご存知SEOです。SEOとは「検索エンジンに最適化」のことです。

    分かりやすく言うと検索エンジンでトップに表示されるようにしましょう、ということです。

    検索エンジンのトップ、もしくは1ページ目くらいに自社ホームページが表示されることでクリックされやすくなります。

    クリックされる数を増やすことでアクセスアップします。

     

    ●拡散

    拡散の代表的なメディアといえばSNSです。

    SNSとはネット上で人と人とをつながげるためのメディアです。

    SNSにはフェイスブック、ツイッター、インスタ、LINE、、、と様々なものがあります。

    SNSでは記事を書くことができます。そして、その記事には自社ホームページへのリンクを貼ることができます。

    それらのリンクを貼った記事を皆で紹介し合ってもらうことでアクセスアップします。

     

    ●メルマガ

    オプトインでお客さんのメールアドレスを取得している場合はメルマガを使うことができます。

    定期的にメルマガで情報を発信して、その中に自社ホームページへのリンクを入れておくことでアクセスアップします。

     

    ●広告

    PPCやアフィリエイトなどネット情報の広告を使う方法です。

    Googleで検索した時に一番上に表示される広告などがこれにあたります。

    お金をかけてアクセスを買います。

     

    ●パブリシティ

    パブリシティはリアル媒体でいうと新聞などのメディアに自社を記事として取り上げてもらうことを言います。

    ネットにも新聞と同じようなパブリシティとして使えるメディアがあります。

    メディアに無料で記事として取り上げてもらうことでアクセスアップします。

     

    ざっと取り上げてみただけでも5つありました。

    これらの方法にはそれぞれメリットもデメリットもあります。

    どの方法を使うかはあなたの自由ですが、一つだけ気をつけていただきたいことがあります。

    それはどれも中途半端に行うことです。

    まずはどれか一つに絞り込んで徹底的にやってみることが重要です。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます