マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > 2通目の手紙が届きました

2通目の手紙が届きました

2017.04.18 | マーケティングブログ

    この手紙が届くようになったキッカケは2ヶ月前の朝でした。

    毎日の日課の新聞チェックをしていると気になる広告が目に入ったんです。

    「初回限定無料!送料も全て負担します」

     

    健康サプリの通販広告でした。かなり大企業がやってるサプリです。

    健康サプリを見てるとまるで薬を飲んでいるようで、あまり好きなものでもなく体の調子が悪いわけでもないので全く興味はないんです。

    でも「無料」というオファーを見ると試しに頼んでみたくなります。

    買った後にどんなアプローチを掛けてくるのか?と気になるんです。

    そしてお試しの申込みをしました。

     

    すると1週間ほどで健康サプリが届きました。

    段ボールのしっかりした箱に入れられていて、中には健康サプリ以外に小冊子が何冊かと申込書が入っています。

    サプリはプラスチックの容器に120粒入っています。

    1日に4粒飲んでくださいと書いてあるので1ヶ月分ですね。

    小冊子にはサプリの効果によるお客様の声、そしてサプリの使い方が載っています。

    サプリの使い方小冊子の中にはQ&Aコーナーもあってそこには「いつサプリを飲めばいいんでしょうか?」といったような質問が書いてあります。

     

    そしてその答えは

    「いつ飲まなければいけないといったことはありませんが、毎朝朝食後に飲むなどと決めておくと忘れることがありません。サプリを食卓の上に置いておくと良いと思います。」

    とか書いてあります。

    ん~考えてますね。

    通販会社も習慣にすることを目指しています。

     

    なので当然申込書は定期宅配のものになっています。

    定期宅配を申し込んでくれれば10%OFFになるというのがオファーです。

    そういった資料を見ながらサプリを2粒試してみてそのまま置いておきました。

    すると、、、

     

    1週間後に定期購入を促すハガキが届きました。

    2週間後にも定期購入を促すハガキが届きました。

    3週間後にはレターが届きました。

    そして今週はハガキとレターの2通が届きました。

    オファーは定期購入であれば初回購入が15%OFFという感じで強くなっています。

    これは健康サプリの会社の話です。

     

    とある建設関連の会社は資料請求後のDMを毎月送ってきます。

    またある通信教育の会社はDMを毎月送って1年以上経っても送ってきます。

    一方資料請求後に何のアプローチもしてこない会社もあります。

    どちらの方法が良いのでしょうか?

     

    正解はありません。

    扱っている商品、サービス、業界によって違います。

    でも健康サプリや通信教育の会社のように定期的、継続的に手法を変えてアプローチしたことがありますか?

    もしやったことがないならやってみると良いかもしれません。

    頭を使って定期的、継続的に行うことで今までは見えなかった結果が見えてくるかもしれませんよ。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます