マーケティングブログMARKETING BLOG

HOME > マーケティングブログ > 構え、打て、狙え

構え、打て、狙え

2016.01.18 | マーケティングブログ

    昨日のショートカット脳の続き。

    ビジネスでショートカット脳になってしまうと、

    ●自分で考えなくなる

    ●すぐに結果を求めたがる

    ●テクニックに走る

    っていう話をしました。

     

    特に自分で考えない人が本当に多い。

    「●●やったらどうなるんですか?」

    とか

    「●●と●●どっちがいいんですか?」

    っていう質問になります。

     

    答える際も、具体的にこうしたほうがいいと言わないと、ほとんどの場合はそのままお蔵入り。

    結局は、やってみなくちゃわからない。

    だって会社ごとに環境も違うし、狙っている市場も違う。

    そのためにテストがあり、計測があります。

     

    どの方法が良さそうかを考えて勝算を見出し、すぐにやってみる。

    計測してダメならすぐに別の方法を試してみる。

    「構え、打て、狙え」

    マイケル・マスターソンの言葉です。

    失敗のコストは行動しないコストに比べればそれほど大きくありません。

    何はともあれ、まずはやりましょう。


ブログ執筆者

岩崎 良 計400社以上の工務店・建設業のホームページの立ち上げ・運営・コンサルティングを行ってきた工務店マーケティングのエキスパート。大手建材メーカー時代には年間数100万PVにもなる新築、リフォームのポータルサイトの立ち上げ・運営も経験。一部上場ホームページ制作会社時代にはCS営業マネージャーとして年間トップ売上を達成。ホームページでの集客をメインに、チラシとの連動・見込から来場までの動線設計など、新規のお客さんを効率的にクライアントの目の前まで連れてくる活動を専門とする。特にランディングページを使った集客は効果の高さから、内容を真似されて全国の工務店で使われているほどである。福岡県生まれ。

ご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます